言わずと知れた大御所サイト『小説家になろう』攻略法は、日刊ブースト!

小説投稿サイトと検索すると一番にヒットする大御所サイト。その名は「小説家になろう」です。

日本最大級の小説サイトで、作品投稿数は54万を超え、登録者数は117万人を超えています。色んな出版社からお声がかかり、人気が出れば書籍化も夢ではありません! 人気が出れば! です。重要なので2回言いました。

人が多い、それは読んでもらえる確率が上がると同時に、埋もれる確率も高いということ。タイトルで目を引かなければまず開いてすらもらえません。トップページに新着小説コーナーがありますが、約十分ごとに入れ替わりタイミングが悪いとそのまま流されてトップページにさえ載れなかったなんてことも多々あります。

ではどのような小説が人気があり、どうすればブックマークを増やしていけるのか、サイトの傾向を分析しながら私的攻略法を記しておきます。

小説家になろうの特徴

小説家になろうで人気のジャンル

小説家になろうといえば異世界転移、転生のファンタジー小説というイメージが定着しておりました。

端的に言えば、冴えないオタクが不運な事故で異世界へ転生又は転移して、与えられたチートスキルを用いて活躍(俺TUEEE)するお話です。少年ジャンプに掲載されるような「努力」「友情」「勝利」をテーマとした作品とは真逆の、努力をしないで勝利する現実には叶わない願望を疑似的に満たしてくれる作品が人気を博しています。

女性もので人気なのは、乙女ゲームの中に「悪役令嬢」として転生してしまった主人公が、死亡フラグを回避するため頑張るお話です。ヒロインと対峙したり、仲良くなったり、傍観したりと、バリエーション豊かな様々なお話が掲載されています。

また「婚約破棄」してきたダメンズ(王子や公爵子息など)とヒロイン(尻軽女)を「ざまぁ」する断罪系のお話も人気があります。他人の不幸は蜜の味といった所でしょうか。いつの世も、男女間の恋愛とは愛憎が紙一重となり怖いものですね。

ただ異世界転生、転移の作品があまりにも多く、他のジャンルの作品が中々日の目を見ない現状を打破するため、2016年5月24日にジャンル再編成が行われています。異世界転生、転移作品は、他のジャンルと完全に分離させられました。

“主人公が現実世界から異世界へ転生もしくは転移する要素が存在し、主な舞台が異世界である”

作品に対して、必ず「異世界転生」「異世界転移」のキーワード設定を行わないといけなくなりました。もし、異世界転生ものを投稿しようと思っている方は忘れずに行ってください。

最近ではこの再編成によって、異世界転生、転移を含まないジャンルの小説の投稿も増えてきました。トップページからランキングを最初に開いて目に入るのは、異世界と現実の恋愛です。

その下にハイファンタジーとローファンタジーが掲載されています。異世界転生、転移ものを見るにはそのタグをワンクリックしなければランキングが開きません。

これはどういうことかというと、隙間時間に人気のある作品を読みたいなという読者は目を引いたタイトルをクリックすると思います。

ランキングで最初に目に飛び込んでくるそれらのジャンルは、読者の目に触れやすいということです。最近の日刊ランキングを見ても現地主人公のハイファンタジーもの、次いでローファンタジーと転生転移を含まない異世界恋愛ものが多いです。

結論として、小説家になろうに新たに投稿するなら……現地主人公のハイファンタジー、恋愛小説がおすすめです。それらの作品を投稿してまずファンの方を増やし、他のジャンルにトライするのがいいんじゃないかなって思います。

小説家になろうに投稿する3つのメリット

3つのメリット

・読者と作者の数が多いので、多くの方の目に触れやすい

・アクセス解析で読者の動向を分析しやすい

・高ポイントを獲得出来れば、出版社からお声がかかることもある

小説家になろうにおいて、一番のメリットはやはり圧倒的な利用者の数だと思います。一人でも多くの方に見てほしいと思った時、この絶対的な読者の数の多さは他の小説投稿サイトにはない利点です。

また小説情報にあるアクセス解析ボタンを押すと、どの小説のアクセスも細かく見れます。ユニークユーザーの数は2日のタイムラグがありますが、1時間ごとのアクセスユーザー数はもちろん、話数別にも見れるので色々考察しやすいです。

1話はよく読まれているけど、2話目からアクセスががくっと落ちていたら掴みで失敗したと考えられます。ある話を境にアクセスが激減した話があれば、そこが読者には受け入れてもらえなかったんだなど、数字を元に色々分析することができます。

さらに、小説家になろうでは独自の出版社は持ち合わせてませんが、その分あらゆる出版社が書籍化に相応しい作品がないか目を光らせて上位作品をチェックしており、奪い合いをしています。80以上もの出版社から書籍化した実績のある小説投稿サイトは小説家になろうだけです。

小説家になろうに投稿する3つのデメリット

3つのデメリット

・投稿フォームが使いづらい私的に使いづらい

・初投稿作品は埋もれやすい

・テンプレ要素がないとあまり人気が出ない

パソコンで執筆している人ならあまり感じないのかもしれませんが、スマホやタブレットなどのモバイル端末機器で隙間時間にちょこちょこお話を考えている私としては、小説家になろうの投稿フォームは他のサイトに比べると使いにくいものでした。

利便性の意味では、アプリで簡単に投稿できる小説投稿サイト(アルファポリスやカクヨム、野いちごなど)が私的に使いやすいです。

また、小説家になろうではその圧倒的な利用者の数から初投稿の新規作品は非常に埋もれやすいです。人気のテンプレ要素を含んだタイトルに内容と、研究し尽くして初投稿するならそうでもないかもしれませんが、一般向けの小説を投稿するとまず見向きもしてもらえません。

異世界転生転移で一世を風靡した小説家になろうでは、未だにその文化は根強く残っています。ジャンルの再編成された今でも、人気なのはファンタジーと異世界恋愛です。

現代ものはまず不人気で、異世界ファンタジーか異世界恋愛ものじゃないとほぼ読まれません。それ以外のジャンルの投稿を考えている方は、あまり読まれなくても悲観しない覚悟をして投稿する。もしくは、短編でもいいのでテンプレ要素を含んだ小説である程度読んでくださる固定ファンの方を増やしてから、トライしてみるべきだと思います。

小説家になろうでブックマークを増やすコツ

日刊ブーストの恩恵を受けよう!

小説家になろうでお気に入りを増やそうと思えば、ランキングに乗らない事には始まりません。しかし、一度ランキングに乗りさえすれば、うなぎ上りでお気に入りが増えていきます。

それが日刊ブーストと呼ばれる現象です。

ではどうやってランキングに入るかと言うと、まず初めに各ジャンルの日刊100位以内を目指します。異世界転生、転移(ファンタジー)なら110pt、ハイファンタジーなら60pt、恋愛(異世界)なら30ptなど、ジャンルの人気度によって百位以内に入るポイント数は変わってきます。

異世界転生、転移(ファンタジー)の場合、長期連載しているファンが多くついた作者が多い上に、ランキングページに行くのもひと手間かかり、最低ポイントを一日で稼ぐのにも苦労します。

小説家になろうでは、お気に入りがついて2pt、評価を入れてもらえて文章評価で最高5pt、ストーリー評価で最高5pt入ります。5人の読者の方にブックマークをつけて頂き、最高評価をもらえてやっとハイファンタジーの最低ポイントである60ptに到達します。

しかし、ファンも居ない新規の作者には評価などそう簡単に入れてもらえません。

逆に何作も人気作を掲載してきた作者には多くのファンがついており、新規連載を始めただけでブックマークや評価がうなぎ上りでついていく現状。初めての一作を世に出す作者がそれに対抗するには、計画的に小説を投稿していく必要があります。

新規連載作品は一時間おきに数話投稿

今日一日、トップページに乗り続けてやるせ! という勢いで、まとめて数話投稿してみましょう。

小説家になろうでは、4時~7時、11時~12時、18~19時がランキング更新の時間です。ポイントの計算方法としては、更新時間より前の24時間で稼いだポイントが日刊ポイントとして表示されます。

初めて投稿する時間としては、7時、12時、19時など、更新されたばかりの時間から狙って投稿していくのがおすすめです。

タイトルは内容が分かるようにつけよう!

小説家になろうにおいて、いかにして読者の目に触れ読んでもらうかは、タイトルにかかっていると言っても過言ではありません。まずは自分の作品のページを開いてもらわない事には始まりません。書店に並んでいるような洒落たタイトルだけでは、何のお話か分からず見向きもされません。

ではどのようにつけたら良いのかというと、どんなお話か想像できるタイトルをつけたら良いのです。ネット小説において最初に目を引くのはタイトルの文字しかありません。読者を増やせるかは、その文字でいかに興味を持ってもらえるかが重要になってきます。

例えば、冒険者のおじさんが、相棒のドラゴンとまったり旅をしていたらいつの間にか世界を救っていたお話しを書くとします。その場合のタイルは「おっさんとドラゴンのまったり冒険ライフ~気が付けば勇者と崇拝されていました~」みたいな感じで、くどいくらいに分かりやすいタイルをつけた方が読まれる確率が高いです。

忘れずにキーワードをつけよう!

読者の中には、キーワードを見て読むかどうか決めようとする方もいるくらいに大事なものです。嫌な傾向のある作品は最初から読みたくないというのは考えれば当たり前の事ですよね。逆に好きなキーワードのタグがあれば読んでみようと思うはずです。自分の作品を見つけてもらうためにも、キーワードはきちんと選定してつけておきましょう

小説を投稿する際におすすめキーワードの中に当てはまるものがあるなら必ず選んでおきましょう。検索されやすい人気のあるキーワードが並んでいますので。

その他にも、自分でキーワードを付け足す事も出来ます。公式キーワードから作品の傾向(ほのぼの、シリアス、ダーク、ギャグ)や登場キャラクター(男主人公、女主人公、人外)、舞台(学園、西洋、和風)や時代設定(現代、未来、幕末)、どんな要素(チート、ハーレム、逆ハーレム、魔法、冒険、ハッピーエンド)があるかなど設定しておけば、その分検索された時に読者の目にかかる頻度が増えます。

小説家になろうでは、タイアップ企画なども常時開催されていて、キーワードに指定の言葉を入れるだけで参加できます。もし自分の作品が応募できそうなジャンルの企画があるならば、指定しておけば人目に触れる機会が増えておすすめです。

予約投稿はなるべく使わない決まった時間に毎日投稿してみよう!

読者としては毎日それを楽しみに出来て非常に嬉しいものです。しかし、作品を投稿したばかりの新規作者がそれをやっても、最悪トップページにものれず埋もれてしまうだけです。

投稿するなら22時ピッタリではなく2,3分ずらす。そうすることで、トップページに乗る時間を少しでも増やすことができます。大事なのはなるべく多くの人の目にとめてもらうこと!

さらに定期更新の作品は、読者もつきやすいです。毎日更新が無理そうなら、次はいつ更新する予定かを、あらすじか最新話の最後に予告しておくと読者の方は安心してついてきてくれます。

 

外部ツールを使って宣伝しよう

ツイッターやフェイスブックなど、外部ツールを活用しているのであれば、それらを使って宣伝するのもありです。

受け身でいても、中々読者は増えません。それなら少しでも外に働きかけることで多くの方の目にとめてもらえる機会が増えます。

まとめ

小説家になろうで人気のジャンルは異世界ファンタジーと、異世界恋愛です。

小説家になろうの攻略法は、まずは着実にジャンル別日刊ブーストにのりましょう。さらに総合ランキングの方にものれば、お気に入りがかなり増えていきます。

ファンを作ることに成功したら、後は定期更新でしっかり読者を離さないよう頑張って更新していきましょう! そうすれば作者自身をお気に入りしてくれるファンの方が現れ、新規連載を始めた時に日刊ブーストを起こしやすくなります。

サイト名:小説家になろう
サイトURL:https://syosetu.com/
この記事のトップ画像は「小説家になろう」トップページのスクリーンショットをお借りしています。